トップページ プライバシーポリシー リンク
トップページ ごあいさつ 診療案内 各種検査 施設案内 乳がんコラム アクセスマップ

乳腺外科、内科(内分泌・胃腸)

診療時間・休診日 日・祝
am 9:00〜12:30
pm 2:30〜 6:00

休診日/木曜・土曜午後・日曜・祝日
木曜日は手術日となります。
予約診療が可能です。お電話にてお問合せください。
※緊急、またはご予約なしでの当日診察も受け付けております。
  詳しくは「よくあるご質問」をご参照ください。

ページトップ
 

乳腺外科では、乳房のしこりの検査や乳腺炎、乳腺症、乳がんなど乳房の病気の診断・治療をします。

乳がん患者さんは30歳位から増えはじめ40歳代前半〜50歳代前半でピークとなります。その後の年代でもあまり減ることがなく、90歳代で乳がんが見つかる方もいらっしゃいます。

比較的若い世代の女性(30歳代前半〜50歳代まで)の年齢層のがん死亡原因で、乳がんがトップなのはご存知でしょうか。

現在アメリカの乳がん発生率は7人に1人、日本では約16人に1人の割合です。
死亡率の高かったアメリカでは国を挙げて乳がんへの啓発とマンモグラフィー検査を推奨することで、50歳代以上の女性の乳がん死亡率を20〜25%も減少させました。

日本ではまだまだ乳がんへの関心度や知識の低さ、そして「検査を受けること」が当たり前になっていないため、先進国では唯一、乳がんの死亡率が年々増えているのが現状です。

乳がんは早期の発見であれば乳房温存治療で乳房を残したまま治療することが可能です。
「20歳を過ぎたら乳がん年齢」−気になる症状がなくとも、年に1度は検診を受けるようにしましょう。

ページトップ
  • 乳がん・肺がん・大腸がんなどのがん、及び生活習慣病の検診や健康相談
  • 肺炎球菌予防接種
    (年間を通して行っていますが事前にご予約が必要です。)
  • インフルエンザ予防接種
  • 特定健診
ページトップ
診療科目・時間
乳腺科について
その他の診療について

当クリニックではより高度な検査機器や医療が必要な場合は、地域の中核病院と連携を図り、高度な医療レベルを実現しています。

乳がん等の手術は
・豊橋医療センター
で院長自らが外科のスタッフの協力の下に執刀します。

術後も院長が外科スタッフと共に治療にあたります。


毎年10月上旬より接種を行っております。

※肺炎球菌予防接種は年間を通して行っていますが事前にご予約が必要です。